ダイエットをする前に体重の変わらない生活を見つける

ダイエットをしても出来ないという話を聞きます。そんなことないです。食べなければ痩せます。私が思うダイエットの大切なポイントは体重が増えもしないし減りもしない生活を知る事じゃないかなと思います。

体重が変わらない自分の生活を見つける

どんどん太るときや、どんどん痩せるときは毎日の生活が必要なカロリーを超えていたりまたは不足していたりするのではないでしょうか?どんどん太る生活が日常で、そこから痩せるとなるとハードルは高そうだなぁと思います。まずは痩せるのではなくて、体重が変わらない生活を見つけるのが大切です。体重が増える場合は、体重が増えなくなるまで食べる量を減らすのが大切だと思うのです。

毎日体重計を計って、ちょっとだけ昨日を振り返る

私は毎日起床したら体重を計ります。体重というのは体内の状態によって太ってなくても1キロも増えてたり、その逆もあります。多少の重さの変化を気にしてもしかたないのですが、2,3日続けて増えていたりすると ちょっとだけ考える ことにしています。

何を考えるかというと、「何かたべすぎたかなぁ」ということです。思い当たることがある場合、たとえば私なんかの場合「いつもは1個しか食べないアイスを3個食べたからなぁ」とか思うわけです。その思うだけで十分なんだとおもいます。そう思った自分の意識は無意識のうちに効果があって、その日は 1個だけしか食べなくなるからです。無理に頑張らなくても私は自然とそうなります。

だから、体重計に乗って、ほんの少しだけ反省するだけで体重は維持できるとおもうのです。

体重が変わらない生活が出来ると、ダイエットもその逆も自由にできる

食事を減らしたり、逆に無理に増やす生活って長続きしません。私の場合1週間が限度です。とくに食事を減らすのは健康によくないし、長期にやるとお肌もボロボロになるので、いつも1週間と決めています。

1週間くらいだと気持ちが続きます。だからかなり食事制限しても頑張れます。ダイエットするときは、かなり食事を減らして1週間で1.5キロから2キロ減らします。1週間おわって、よし、さらに1週間頑張ろうというのは私の中では禁止になっています。

体重が減ったら、前の生活を思い出す

体重が減ったら、また前の生活を思い出します。これが意外と難しいのです。どんな生活してたかな?と思って記憶の奥底を探り、記憶にある生活を1,2日むりやりやります。長く続けている生活だから2日くらいやれば体が覚えていて思い出します。

体重が痩せすぎて、見た目が貧相になって困るときも同じです。増やす場合に注意しているのは血糖値です。GI値が高い食べ物を食べると効率良く太れますが、私の場合、食後に高血糖値になる生活を数日続けると、それが普通になってしまって血糖値が上がったままにならないと食べた気がしなくなってしまうことがあります。そうなると元の生活に戻るとき、ダイエットをしているような気になります。それを防ぐため、太るときはなるべく高脂肪のものを食べて太るようにしています。

まとめ

毎日体重計を計って、ちょっとだけ昨日を振り返れば体重が変化しない生活が見える

体重の変化しない生活がわかれば、ダイエットもその逆も楽にできる

ダイエットを長期にわたって頑張らないようにしている

太るときも糖質ではなくて高脂肪で太るようにしている

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中